社会復帰したい

悩む女性

注目されている理由と費用

人間はだれしも、幸せを感じられない瞬間があります。毎日を幸せに過ごすことができればこれ以上良いことはありませんが、感情には必ず起伏があるため何らかの理由により幸せを感じることができず暗く落ち込むこともあるでしょう。この場合でも、幸せを感じられない状態が長く続かなければ問題ありません。しかし、幸せに感じられない状態が長く続いてしまった場合にはうつ病の可能性も高いです。具体的には、1カ月以上ずっと幸せに感じられず精神的につらい状態ならばうつ病と考えてもよいです。この場合、自分自身で治すのは難しいでしょう。そもそも、自分自身で原因がなかなかわかりにくいからです。決定的な出来事があれば別ですが、たいていの場合潜在的に仕事や人間関係を嫌がっており自分らしく生きられずうつ病になっている可能性があります。これを発見するためには、第3者の意見を聞くのが一番になります。ただ、第3者といっても家族などから意見を聞くことができる場合もあればそうでない場合もあるでしょう。もし、家族が自分の病気に対して関心を持って無い場合や明確な答えを出すことができない場合が精神科や心療内科に行くことが必要です。当然費用はかかりますが、事前にどれぐらいの費用がかかるかを調べておけば問題ありません。一回当たりの診療でおよそ\3000から\4000ぐらいです。薬を出される場合とそうでない場合に分かれますが、薬が出る場合には\4000を超えることも少なくないです。お金のことが気になる場合には、保険などに入っておくことも重要でしょう。

幸せを感じられない場合には、精神科や心療内科に行くことが必要です。ちなみに精神科と心療内科の違いですが、精神科の場合は特に症状が悪くなっていない場合です。例えば心がもやもやするような状態ならば精神科に行けば解決できる可能性も多いです。ところが、いくら幸せに感じられないといっても、体のどこかに症状が出てしまっている場合には心療内科に行く必要があります。心療内科は、例えば胃の痛みが激しい場合や頭痛がする場合そして発熱などが頻繁におこる場合に行く必要があるわけです。心療内科も精神科も、一昔前まではごく特定の人しか通っていませんでした。ですがそれぞれ最近は人気があります。なぜ人気があるかといえば、適切な処置を施してくれる可能性が高いからです。そしてそのような情報も、少しずつ公になってきており精神科や心療内科に行けば自分の病気は治るだろうと考える人が増えてきているわけです。ただそういっても、医者の腕前によって随分と結果が異なることは十分考えられるでしょう。考えられる理由の一つは、医者が患者の話しをよく聞いておらずどちらかといえば自分の意見を述べるようなパターンです。その場合の医者の役割としては、本来ならば患者の意見をよく聴きどのあたりに病気の原因があるかを明確にしていくことです。幸せを感じることが難しい場合には、必ず何らかの原因があります。たいていの場合は人間関係が原因になりますが、果たしてそれが家族での人間関係なのか、それとも会社なのかは話してみないとなかなかわかりません。患者の話をよく聞く医者を選びましょう。

楽しさを感じなくなったら

頭を抱える女性 幸せを感じない、何をしても楽しくないというのはうつ病の症状かもしれません。気づいたらすぐに病院へ行くようにしましょう。治療は、一人一人に合った抗うつ剤や、医師とのカウンセリングを基本に進めていきます。

詳しく見る

精神的に疲れた時

医者と看護師 幸せを感じない状態が継続して続く場合は危険信号です。肉体的にも疲れやすくなっていたり、何事にも興味が持てずうつ状態が続く時はうつ病を発症している可能性があります。すぐに専門機関で治療を開始しましょう。

詳しく見る

心の異常を感じたら

悩む女性 何もしたくない、何をしても幸せを感じないという状態は、うつなどの精神疾患が原因かもしれません。薬の服用やカウンセリング、自己暗示などの方法で心の健康を取り戻すことで、また普通の幸せを感じることは出来ます。

詳しく見る

Copyright© 2019 なかなか幸せを体感することが難しい場合に理解しておきたいこととは All Rights Reserved.